• 協会代表

介護にアロマは必要?

最終更新: 2019年4月18日


結論から言えば、

介護にアロマは必須ではないが、

何もやらないくらいなら何かをやった方が良いと思います。

アロマによって、『気持ち』に変化が出ることがあるからです。

別にアロマでなくても、

高齢者にとって有益であるものであれば、何でも取り入れた方が良いです。

高齢者の健康に関することで例に挙げると、

当協会で行っている介護リハビリセラピーでは、

車いすを利用していた高齢者が、

自立歩行ができるようになったことがあります。

それは、

施術が良かったのか、

プラシーボ効果だったのか、

正直、わかりません…

ただ1つ言えることは、

介護リハビリセラピーがその方にとって『頼れるもの』であり、

今までの気持ちを変えることができた事実があるということです。

自力で歩くのは無理…

機能訓練はしたくない…

そんな気持ちを吹き飛ばし、

前向きな気持ちにさせたのが介護リハビリセラピストでした。

歩行訓練前、訓練後に介護リハビリセラピーを行うことで、

その方は、訓練を積み重ね、

大きな、大きな結果を出すことができました。

介護リハビリセラピスト通信講座はこちら⇒

介護リハビリセラピーとは⇒

#介護 #アロマ #介護リハビリセラピー #介護リハビリセラピスト #セラピスト

73回の閲覧

Copyright (c) 2018 Japan Kaigorehabilitherapist Association All Rights Reserved.